広重の旅風景 雨・雪そして人:徳川美術館  場所の地図

 岡崎市美術博物館で、4月10日(日)から5月22日(日)まで開催されている、表記展覧会に行ってきました。たまたま名古屋に出る機会があったため、最終日ということで足を伸ばしました。
 展覧会の内容が、博物館のHPに次のように記載されています。
 江戸時代後期、浮世絵の風景版画が流行し、人気を博すようになりました。幕末の尾張藩主のコレクションにも、少なからず風景版画が含まれています。今回は、当時も今も多くの人に愛される風景画の名手歌川広重の風景版画を紹介します。代表作で最も有名な保永堂版「東海道五拾三次之内」全55図に加え、行書版、隷書(れいしょ)版、竪絵(たてえ)東海道などの各種東海道絵や、広重のもうひとつの代表的街道絵である「木曽海道六拾九次之内」から作品を紹介します。また、江戸や近江などの名所絵もあわせて紹介し、広重の風景画の世界を堪能いただきます。
 名だたる東海道五十三次がすべて展示されており、それ以外の風景画もふんだんに展示されており、解説も丁寧でわかりやすく、浮世絵画を満喫することができました。

≪令和4(2022)年5月22日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【令和4年5月23日(月):第4054号】