鎌倉・鶴岡八幡宮  場所の地図

 古都鎌倉のシンボルである鶴岡八幡宮は、鎌倉を訪れる観光客が必ず訪れる神社です。鎌倉初代将軍源頼朝ゆかりの神社で、境内は国の史跡に指定されています。広い境内は緑豊かで、四季折々の美しさをかもし出します。鶴岡八幡宮のシンボルであった大銀杏は、平成22(2010)年3月の強風で倒木し、現在はその幹を残しています、
 境内に入ると、左に「平家池」、右に「源氏池」が広がり、源氏池にはボタン庭園になっています。源氏池に浮かぶ小島には「旗上(はたあげ)弁財天社」が祀られています。

一の鳥居と参道 太鼓橋 本宮と舞殿
本宮 大銀杏の残った幹 高浜虚子の句碑「永き日のわれらが為めの観世音」
旗上弁財天社 源氏池 朱印
≪平成29(2017)年11月30日奉拝≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成30年12月14日(金):第2798号】