磐越西線旧線 磐越熱海〜猪苗代湖畔 前編 福島県 2004.5.19踏査


 この路線は明治31年に郡山〜中山宿間を岩越鉄道が開通させたのがルーツである。その後明治39年に岩越線として国有化され、大正6年に現在の磐越西線と改称された。
 今回の踏査はいずれも昭和42年の電化による隧道の付け替え区間がメインであるが、旧中山宿駅ももちろん踏査の対象である。


小福山トンネル

 福島県郡山市から国道49号線を西に向かい、並行して進む磐越西線の磐梯熱海駅を過ぎてしばらくすると、左手側の左手側上方に現在線の小福山トンネルが確認できる。
 水田を横切って簡易な階段がついた斜面を登ると、ちょうど旧線の路盤上にたどり着く。
 そのまま路盤をたどっていくと旧小福山トンネルが口を開けていた。こちらは入り口側。
 そのままトンネルを抜けて、やや離れた位置から出口側を撮影。
 ちょっと車で近くまで行って、さくっと踏査。ふふふ。好きなパターンだ。幸先がいいぞ(笑)
  


旧中山宿駅

 国道49号をさらに西に進むと、現在線の中山宿駅の手前から集落に入る道がある。そこを入るとすぐに旧中山宿駅が現れる。ここは電化された後も駅として使用されていたスイッチバックの駅である。
 現在も構内にレールが引かれており、現在線に接続されていて、保線車両が出入りしているようであるが架線は引かれていない。ホーム上にいるのはBAKU。
 上方の現在線を電車が走っている。この辺の高度差がよくわかる。もちろん駅側が水平。
 枠だけ残った駅名票。
 スイッチバックの引き上げ線の路盤から駅方向を見る。
 この引き上げ線は昭和38年に通過式に改良された時に作られたものである。非通過式時代の引き上げ線はこの写真の右側に一段高くなっている部分。
 構内に下り25‰の勾配票が倒れていた。
 引き抜かれていたので、駅構内のものではないようだが。


中山トンネル

 旧中山駅から西へ進むと、現在線の中山宿駅にたどり着く。
 現在線は駅を出て中山トンネルに進んでいくが、旧線は駅の手前の踏切付近から分かれて、中山宿駅に向かう舗装道路に転用されている。
 駅の駐車場となった旧線跡はそのまま進んでいくが、旧中山トンネルは内部崩落の為、埋められてしまった。
 かろうじて坑門の上部だけが見える状態。
 やはり生活圏に近い隧道は崩落が起きると優先的に埋められる傾向にあるらしい。
 出口側の旧線跡は保線道路に転用されており、そこへ行くためにしばらくは使用されていた形跡はあるが。
 こちらが出口側の坑門。人目に付かない場所は埋めるのもだいたいのところで終わっている(笑)
 私がガキんちょだったら、絶対この土嚢をいじくるに違いない。入り口側のように埋められていたら、せいぜい登って遊ぶくらいだろうが。
 どうも埋められてからはあまり時間はたっていないように見える。
 新線との合流点。この保線用道路は合流点手前で終わり草むらになる。


後編へ続く