台風の置土産@

 台風24号から、釣月寺に大きな土産物をいただきました。
 昨日10時頃に停電、11時頃耳をつんざく大音響、停電の中、大きな音が聞こえた所を薄暗い灯りの元で確認すると、阿鼻叫喚、ガラスは割れ、雨漏り、何か知れぬ木々が部屋の中に、庫裡の一室が大変なことになっていました。できることは、家の中の清掃、ガラスや白壁の落ちた土をほうきで片付け、雨漏りしている所へバケツを置きました。その時点での台風の中心を確認すると長野県、ここでひたすら明けるのを待ちました。
 夜が明けて確認すると、裏山にあった太い樅の木が幹の途中で折れて、庫裡と本堂の間にある中庭に倒れ込んでいます。そのとばっちりが庫裡や本堂の一部を直撃しています。
 早速、屋根替えをしていただいた業者に連絡すると、本日午後に早速様子を見に来てくれました。最低限の養生をしていただき本日が終わりました。これから長い修復の道がはじまりました。

    ≪平成30(2018)年10月1日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成30年10月1日(月):第2724号】