永代供養塔工事I 

 しばらく中断していた供養塔の工事がまた再開されました。いよいよ、供養塔本体の工事になりました。供養塔土台の上に、塔の下段部分が積まれました。この上に、シンボルである丸い塔が積まれます。この状態においては、遺骨が埋骨される空間を上から見ることができます。

≪平成29(2017)年9月11日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成29年9月12日(火):第2340号】