京都国立博物館 禅−心をかたちに−〜大本山方広寺 春の檀参研修旅行 場所の地図

 今回の大本山方広寺企画の研修旅行は、京都国立博物館で4月12日(火)から5月22日(日)まで開催されている、特別展覧会「臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅ー心をかたちに−」の見学で、それも私たちは初日の勧賞です。
 展覧会の展示物は、臨済宗・黄檗宗全15本山およびその末寺が所蔵している国宝級のものばかりです。本山方広寺からも、本尊である釈迦三尊像が展示されています。
 方広寺の研修旅行ということで、最初に本山の総長から歓迎の挨拶があり、博物館の学芸員から今回の展覧会の概要説明がホールでありました。その後、200点以上の展示物の勧賞です。ただ、展示物の撮影はできないため、頭の中だけでの記憶になります。全国の寺院からの展示物が一堂に会され、禅の歴史の深さと荘厳さを痛感しました。 

国立博物館入口 国立博物館本館 今回の展覧会の案内
展覧会が開かれている平成知新館 博物館学芸員による今回の天来会の説明 総長のあいさつ
≪平成28(2016)年4月16日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成28年4月24日(日):第1834号】