足助・カタクリ群生地  場所の地図

 紅葉の名所・香嵐渓は、山野草の宝庫です。特に、カタクリの花の群生地は有名です。群生地は、飯盛山の北西向き斜面の約0.5haにあります。例年開花は3月中旬頃で、4月上旬まで見られます。カタクリの花は、花が咲くまでに7〜8年かかるといわれており、香嵐渓では昔から自生していたものを保護・育成した結果、現在の大きさになったとのことです。3月下旬の暖かい日に一気に開花し、天気の悪い日や、夜には花を閉じてしまいます。
 花の姿が可憐で、スプリングエフェメラル(早春の妖精)ともいわれています。訪れた日は、ぽかぽか陽気の日であったため、早春の香嵐渓の散策は最高でした。

≪平成28(2016)年3月23日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成28年3月25日(金):第1804号】