豊川・砥鹿神社のケヤキ  場所の地図

 豊川市にある三河の国の一の宮である「砥鹿神社」【第295号】境内の東側に、御神木である立派なケヤキの木があります。昭和47(1972)年に県指定天然記念物に指定されています。木の根元に次の説明がありました。

 古くから「みだらいのケヤキ」と呼ばれたこの大木は、神社の南東に自生したものです。高さは45mにおよび、樹齢約600年と推定されていますが、樹勢は旺盛といえます。 昭和34(1959)年の伊勢湾台風によって、境内の古木の多くが倒れる被害を受けましたが、現在でも残るこのケヤキは、神社の境内をよりおごそかなものにしています。
   平成7(1995)年7月  豊川市教育委員会

≪平成28(2016)年2月2日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成28年2月4日(木):第1754号】