カレーうどん  若鯱家エスカ店場所の地図

 名古屋めし第6弾は「カレーうどん」です。エスカ地下街にあるカレーうどん専門店である「若鯱家」で、ランチメニューである「カレーセットA」¥970(外税)をいただきました。セットは、カレーうどんと小丼のセットで、今回は小丼としてねぎとろ丼を注文しました。
 普通のカレーうどんと名古屋めしのカレーうどんとの違いは、ネットに次のようにありました。

 名古屋のカレーうどんは、一般的なそば屋のカレーうどんとは一線を画す料理。本格インドカレーの調理法でスパイスが各種調合され香りさわやか、やや薄い黄色みをおびたルーで味は実に濃厚です。濃い味好みの名古屋人の嗜好に合わせ、太めで歯応えのあるシコシコ麺にたっぷりとルーがかかっています。ルーのとろみの決め手は小麦粉。昭和の時代、カレー粉に小麦粉をまぜてカレーを作っていた頃のような食感と見た目で、懐かしさも漂います。そこにカツオだしや鶏ガラスープなどダシが加わって芳香も実に豊か。具は油揚げ、豚肉、ネギなどです。

「若鯱家」エスカ店の店構え 、「カレーセットA」¥970
≪平成28(2016)年1月19日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成28年1月23日(土):第1742号】