瀬戸・岩谷堂公園  場所の地図

 瀬戸市の東部にある岩谷堂公園は、東海自然歩道のルート上にあり、桜、天然プール、紅葉、瀬戸大滝…と四季を通じて自然あふれる瀬戸の奥座敷です。「岩屋堂」とは元々名僧行基に由来する天然石の祠のことです。
 紅葉の美しい季節である11月下旬に、岩谷堂公園を訪れました。静かな渓谷の中を流れる鳥原川沿いを、ゆっくりと散策します。天然の大きな岩のほこらである岩屋堂と暁明ヶ滝を見た後、東海自然歩道を歩み、岩巣山展望台をめざします。約30分ほど登ると、晴れていれば、名古屋駅周辺も展望できる岩巣山展望台に到着します。薄曇りでしたが、名古屋市内がばっちり見えました。岩巣山の山頂から東側の登山道を下山し、瀬戸大滝をめざします。下山道のいたるところが紅色や黄色に輝いています。そして勇壮な瀬戸大滝を見学、この瀬戸大滝、実は人工の滝との説明がありました。そして、スタート地点に、約2時間の散策で、気持ちよい疲労感が残りました。11月中下旬のライトアップ期間中は、川面に映える色とりどりの景色はもちろんのこと、岩屋堂と暁明ヶ滝のライトアップも見どころということです。

岩谷堂 岩窟内の石仏 暁明ヶ滝
いざ、岩巣山展望台をめざす登山道 岩巣山展望台 岩巣山展望台から見た名古屋市の眺望
岩巣山山頂 下山途中の黄葉 黄葉アップ
瀬戸大滝 紅葉 岩屋堂公園内の紅橋
≪平成27(2015)年11月27日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成27年12月10日(木):第1698号】