浜松・気賀関所  場所の地図

 三生院毎歳忌の帰りに、気賀関所を見学してきました。
 この関所は、慶長6(1601)年に徳川家康によって、気賀宿の東の入口に東海道の脇街道である本坂道(姫街道)の交通取締りのために創設されたといわれています。現在の建物は残存する資料をもとに平成2(1990)年に再建されたました。本番所などには等身大の人形が並び、当時の様子を再現しています。展示棟である姫様館では、江戸期の駕籠や手形などの資料が展示されています。

冠木門 本番所の建物 遠見番所
本番所における関守の人形 牢屋 姫様館における展示
≪平成27(2015)年11月18日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成27年11月20日(金):第1678号】