金沢駅  場所の地図

 北陸新幹線が金沢駅まで開通し、金沢駅は大きくかわりました。駅構内は、美しく装飾され、多くの土産物店や食事処が新しくオープンしました。
 金沢の玄関口である金沢駅の東広場には金沢を訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、おもてなしの心を表わしたガラスのドーム「もてなしドーム」があります。地下には情報コーナーやイベントスペースがあり、多彩な催しが行われます。また、その正面に構えるのは、伝統芸能に使われる鼓をイメージした「鼓門(つづみもん)」。金沢の新しいシンボルとして親しまれています。
 駅構内には、石川県観光PRマスコットキャラクター「ひゃくまんさん」が飾られていました。「ひゃくまんさん」は、石川県の郷土玩具であり、縁起物の「加賀八幡起上り」をモチーフに、石川の多彩な文化をギュッと凝縮し、百万石の豪華絢爛さをイメージさせるデザインで、北陸新幹線開業PRキャッチコピー「いしかわ百万石物語」を象徴するキャラクターとして作成されました。 輪島塗のおひげ、金沢箔を全身に施し、加賀友禅柄の菊やぼたん、色彩には赤・黄・緑・紺青(こんじょう)・紫の九谷五彩を使用し、全国に誇る石川の伝統工芸の技術が取り入れられています。また、全身には、兼六園のことじ灯籠や白山、能登キリコなど、県内各地域の観光資源が描かれており、県内のマスコットキャラクターを代表するような風格を備えているとのことです。
 金沢駅構内のショッピングモールは、「金沢百番街」、その1階は、「あんと」といい、金沢駅で「おみやげ」を買ったり、「グルメ」を楽しむことができます。郷土料理や、とれたての旬の幸など、金沢ならではの味を楽しむことができます。今晩は、「金沢おでん」が楽しめる「山さん」で、おでんをたのしみました。金沢市は、日本で一番「おでん」が食べられている地域だということです。

鼓門 もてなしドーム 石川県観光PRマスコット「ひゃくまんさん」
「金沢百番街」の1階「あんと」入口 おでん専門店「山さん」 おでん盛り合わせ
石川四高記念館の展示
≪平成27(2015)年9月16日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成27年9月23日(水):第1620号】