岡崎・家康公四百年祭田んぼアート  場所の地図

 今年は、徳川家康公が亡くなられて400年(四百回忌)という節目の年です。そのため、家康公ゆかりの地である岡崎、浜松、静岡の3市3商工会議所では、不世出の郷土の英傑・家康公の偉大な御遺徳(優れた功績)を全国、世界に発信し、地域の魅力向上、市民の誇り醸成、地域の活性化につなげていこうと記念事業である「家康公四百念祭」と銘打ち、今年1年間いろいろな行事を展開しています。
 この田んぼアートもこの行事の一環です。昨日、時間があったため、田んぼアートを見てきました。会場には、田んぼアートが見やすいように展望台である足場が組まれていました。足場から見るアートは、美しい葵の紋章と家康が浮き出ており、見応えのあるものでした。

「家康公四百念祭」の幟 「田んぼアート」全景
アート左側 アート上部中央 アート右側
 
田んぼアートをパノラマで
≪平成27(2015)年7月10日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成27年7月11日(土):第1546号】