加賀屋金沢店  場所の地図

 金沢駅は、新幹線金沢駅開業に伴い、大きく様変わりしました。駅構内は、きらびやかに飾られ、食事処、土産物店が新しくオープンしました。
 金沢駅構内を散策し、レストラン街にある「加賀屋金沢店」で、「能登四季彩膳」をいただきました。「加賀屋」は、和倉温泉の老舗旅館である「加賀屋」の出店で、伝統の加賀料理を味あうことができるように、全国に8店舗を出しています。
 四季彩膳の三膳目、「能登彩」は、「白身お造り」・「烏賊(いか)このわた和え」・「干口子」・「サバいしる焼」からなっています。その中で、白い包み紙につつまれている「干口子」について、スタッフから特別の説明があると同時に、包み紙の中に、
 日本三大珍味 干くちこ  【三大珍味は、「このわた」「からすみ」「くちこ」です。 「ウニ」を入れるという説もあります。】
 糸ほどしかないナマコの卵巣を何本も何本も重ね陰干しにして作られるのが干くちこ。まろやかで深みのある香ばしい独特の風味はまさに筆舌しがたい天恵・希有の趣です。
 と説明がありましたが、わずか2cmほどの大きさで、独特の味が一瞬に通り過ぎ、味あうまではいきませんでした。

金沢駅の装飾 干くちこ

本日の料理 他にデザート

小鉢【能登もずく酢)】 蒸し物【甘海老玉〆】 能登彩【四種盛】
郷土【加賀治部煮・金箔】 揚物【穴子野菜天麩羅】 食事・止椀・香物
≪平成27(2015)年6月10日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成27年6月20日(土):第1525号】