安城・ヒマワリ&コスモス畑

 休耕田を利用した花畑をいりいろな所で見かけます。昨日、安城市にある2ヶ所の花畑を訪れました。

 榎前町ヒマワリ畑  場所の地図
 9月20日の中日新聞西三河版に次の記事が掲載されました。
 
 季節外れのヒマワリ7万本が、安城市榎前町の休耕田で満開になっている。地元住民らは、黄色の大輪を見つけ、行く夏を惜しんでいる。休耕田は、市の一般廃棄物埋立場跡地。地元住民が土壌改良と地域おこしを目的に、14年前からヒマワリの栽培を続けている。初秋に咲くように7月下旬に1ヘクタールにわたって種をまき、一週間前に花が咲き始めた。夏の名残をとどめるヒマワリを見ようと、市外から訪れる人も多く、楽しそうに記念撮影していた。27日ごろまで見られるという。ヒマワリ畑は県道「道場山安城線」の榎前町北山交差点の東二百メートルにある。

 27日頃までとの記事でしたが、昨日訪れると、旬はすぎていましたが、まだまだ美しいヒマワリの花を見ることができました。


 赤松町コスモス畑  場所の地図
 所用で安城市赤松町を通りがかったところ、美しいコスモス畑をみつけました。こちらの花は、つぼみもいっぱいあり、これからが見頃でした。一日に2ヶ所の花畑を見ることができ、大満足の一日でした。

≪平成26(2014)年10月2日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成26年10月3日(金):第1265号】