ひるがの高原SA  場所の地図

 東海北陸自動車道下り線の「ひるがの高原SA」から、美しい白山連峰を見ることができます。

 SAのビューポイントには、次の説明がありました。
 高鷲町は、西に白山連峰の南東に位置する大日ヶ岳、東に鷲ヶ岳がそびえ、大日ヶ岳山麓にはひるがの高原(標高約900m)がひろがっています。ここには、分水嶺公園があり、せせらぎはこの辺りで二手に分かれて、一方は庄川をへて北の日本海へ、一方は長良川をへて南の太平洋へと注いでいます。雄大な山々、清流として名高い長良川源流の美しい森と高原にひかれ、夏の登山、キャンプ、秋の紅葉、冬のスキーなど、季節を問わず多くの人が訪れます。
 ひるがの高原サービスエリアから、西方を望むひときわ高い秀峰が目に入ります。これが奥美濃を代表する大日ヶ岳(標高1,709m)です。大日ヶ岳は、白山連峰の南東に位置し、頂上付近は、白山国立公園に含まれています。大日ヶ岳の右側奥に、別山(標高2,399m)、白山(標高2,702m)を見ることができます。

 訪れた日は、やや雲がかかっていましたが、美しい白山連峰を見ることができました。ひるがの高原SAの標識がある、撮影ポイントには、次から次へと記念撮影をする人が訪れていました。白山は、やや雲にかかっていましたが、美しいとがった姿をみせていました。

撮影ポイント 大日ヶ岳遠景
大日ヶ岳近景 白山
≪平成26(2014)年9月16日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成26年9月17日(水):第1249号】