安城・田んぼアート  場所の地図

 6月20日・中日新聞西三河版に「5色の稲で笑顔 安城の水田に巨大絵」という記事が載りました。記事の本文には次のようにあります。

 五色の稲で描いた「田んぼアート」が、安城市和泉町で見頃を迎えた。縦七十メートル、横五十メートルの水田に、女の子と農家の男性が笑顔で大きなおにぎりを手にする巨大絵がくっきりと浮かび上がった。市内の農家とJAあいち中央、市などでつくる実行委員会が制作し、八年目。五月に市内の親子ら七百人が集まり、成長すると葉や穂がそれぞれ白や黄、赤、黒、緑に発色する五種類の苗を植えた。好天に恵まれて順調に育ち、巨大な地上絵を描き出した。テーマパーク「デンパーク」の近くにあり、水田前の歩道から見下ろして楽しむことができる。九月の収穫まで見られる。(紙山直泰)

 昨日、安城市へ行く機会があったため、田んぼアートを見てきました。やや高台の道路から美しい田んぼアートを見ることができます。やや小雨が降っていましたが、美しいアートが視界全体に広がり、みごとな絵となって見る人を楽しませてくれました。花とは違い、長期間見ることができる田んぼアートは、魅力的な観光資産であると感じました。

≪平成26(2014)年7月3日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成26年7月4日(金):第1174号】