玄武洞  場所の地図

 昨日紹介した城崎温泉から、南へ5kmほど行ったところに今日紹介する、天然記念物「玄武洞」があります。公園入場料は無料で、すばらしい柱状節理を見ることができます。公園入場前にいただいたパンフレットに次の説明がありました。
 玄武洞は、約160万年前に起こった火山活動で流れだ咲いたマグマが冷え固まる際に規則正しい割れ目を作り出し、柱状に節理が形成され誕生しました。玄武洞周辺の岩石は灘石と呼ばれ、江戸時代から採石場として利用されてきました。その後、玄武洞と青龍洞はその地質的な価値と自然のつくり出した節理の美しさや学術的な重要さから、昭和6(1931)年に国の天然記念物に指定されました。現在では、白虎洞、北朱雀洞、南朱雀洞とともに玄武洞公園として整備され、観光スポットとして親しまれています。玄武洞という名前は、この洞の岩石が作り出す節理の形や断面の模様から、中国の妖獣「玄武」を連想し、江戸時代に命名されました。 

玄武洞 青龍洞 青龍洞の節理アップ
玄武洞のパノラマ
白虎洞 南朱雀洞 北朱雀洞
≪平成26(2014)年5月7日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成26年5月16日(金):第1125号】