京都・一休寺 第15回特別拝観〜一休さんでおなじみの酬恩庵一休寺精進料理 場所の地図

 大本山方広寺企画の本山巡りは、3月25日(火)に、小野小町ゆかりの随心院に続いて、一休さんでおなじみの一休寺を拝観しました。一休寺は、京都府京田辺市にあり、臨済宗大徳寺派の寺院で、正式名称を霊瑞山酬恩庵といいます。元弘年間(1331〜1334)に兵火にあって衰退していたのを、康正2(1456)年に一休宗純が草庵を結んで中興し、宗祖の遺風を慕い師恩に酬いる意味で酬恩庵と号したということです。
 広い境内は、見どころがいっぱいあります。いたるところに一休禅師の直筆が飾られており、また、江戸時代の禅院枯山水庭園は、誰もがその美しさに感嘆します。そして、昼食は境内にある食事処においての精進料理で、たいへんおいしくいただきました。

山門 本堂 庭園@
庭園A 一休禅師の直筆「衆善奉行」と「諸悪莫作」 精進料理
≪平成26(2014)年3月25日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成26年3月28日(金):第1076号】