日進・岩崎城址  場所の地図

 岩崎城址は、日進市における戦国時代の様子を今に伝える貴重な城址です。本丸跡には六世紀の古墳の遺構が残っており、当地の有力者に古くから注目されていた場所を示しています。室町時代末に始まると考えられるこの城は、尾張国の東端にあたり、国境付近を守る織田信秀(信長の父)の支城でした。岩崎は尾張、三河間を往来する街道の要衝地であり、城下は交易の場として栄えたものと思われます。築城年代ははっきりしていませんが、織田信秀により築城されたとされます。享禄2(1529)年三河国・松平清康(家康の祖父)に尾張攻略の足がかりとして攻め落とされましたが、清康は世に言う「守山崩れ」によって死去し尾張攻略が後退することとなります。その後、岩崎城は両勢力が対立した状態のまま、天文年間から当地方の土豪であった丹羽氏が修繕し四代(約60年間)の居城となりました。天正12(1584)年、羽柴(のちの豊臣)秀吉と徳川家康・織田信雄・信長の三男の連合軍が戦った小牧・長久手の戦いでは、丹羽氏は後者に属し、犬山方面から岡崎を目指した羽柴方の行軍を阻止しようとして落城する「岩崎城の戦い」など一族を犠牲にしながらも戦功をたて、徳川氏に認められていきました。慶長5(1600)年、関ヶ原の戦い参戦後、丹羽氏は地方の土豪階級から一万石の大名へと昇格し、城も三河国伊保(現豊田市内)へと移ります。これによって岩崎城は廃城となり、以降城跡は竹やぶなど雑林に覆われたため比較的その遺構を良く保つことになります。昭和62(1987)年地元住民の寄付により岩崎城が建設・城祉公園として整備され現在に至っています。(岩崎城のHPより

 日進市を南北に走る県道57号線を走ると岩崎城の美しい姿が飛び込んできます。岩崎城址公園内は、岩崎城が復元され、歴史資料館には、日進市や戦国時代の数多くの資料が展示されています。

岩崎城 岩崎城歴史資料館 資料館の館内
≪平成25(2013)年9月26日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成25年11月25日(月):第953号】