長久手古戦場跡

 長久手古戦場は、天正12(1584)年小牧長久手の戦いの折、家康と秀吉諸軍が戦った跡です。4月9日の長久手での戦闘では、家康方が大勝し 秀吉方の多くの武将が戦死しました。跡には塚が築かれ、鎮魂の松が植えられ、昭和14(1939)年国の史跡に指定されました。この小牧長久手の戦いは、後の日本の動きに大きな影響を与えました。すなわち 秀吉政権の樹立を促がすとともに、家康の台頭を示す物でもありました。(長久手古戦場HPより

 古戦場の史跡は、市内他に何ヶ所か有りますが、今回は古戦場公園と色金山歴史公園に行ってきました。

長久手古戦場公園  場所の地図
 「長久手の合戦」の最激戦地跡である仏ヶ根につくられたメモリアル公園です。
 『史跡 長久手古戦場』の大きな石碑が建てられており、合戦の解説や、兜鎧、そして この地方の無形民族文化財である「棒の手」の様子などが展示されている「郷土資料室」があります。そして、合戦の地形(色金山、御旗山、桧ヶ根、など)を模した広場や、秀吉側の武将『池田恒興』(1536−84、信輝、勝入斎)戦死の地である「勝入塚」、『池田之助』 (ゆきすけ、1564−84、庄九郎、元助、紀伊守)戦死の地である「庄九郎塚」が建っています。

史跡・長久手古戦場の碑と黄葉 長久手市郷土資料室全景 資料室の館内
長久手古戦場を模した広場 庄九郎塚 勝入塚

色金山歴史公園  場所の地図
 「小牧・長久手の戦い」の折り、徳川家康が陣を張った地が色金山(いろがねやま)で、山頂には家康が軍議を開いた際に腰掛けたといわれる「床机石(しょうぎいし)」や、合戦が終わった後,家康が馬に水を飲ませたとされる「馬泉水」があります。周辺は公園として整備され、園内には展望テラスや茶室「胡牀庵(こしょうあん)」などがあります。展望テラス1階には、夢童由里子作の「家康隊進軍の図」「家康軍議の図」があります。

展望テラス 夢童由里子作「家康隊進軍の図」 夢童由里子作「家康軍議の図」
床机石(しょうぎいし) 馬泉水 茶室「胡牀庵(こしょうあん)」
≪平成25(2013)年11月20日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成25年11月24日(日):第952号】