トヨタ博物館  場所の地図

 名古屋市の東隣の長久手市に、トヨタ自動車が新旧の自動車等を展示している「トヨタ博物館」があります。この博物館のポリシーは、「自動車文化・技術の変遷を見ることができるように、世界中の代表的な車を収集、保存、展示することで、世界レベルの博物館をめざす」とHPでは述べられています。近くを訪れた機会に、行ってきました。入館料は、大人¥1,000ですが、JAFの会員であったために、¥800で入館できました。
 館内は、有名な新旧の日本車・外車が展示されており、車ファンの人にとっては、何時間いてもあきないことでしょう。
 平成元(1989)年4月に、オープンした本館では、ガソリン自動車の誕生から今日までの自動車が、2階に外国車、3階に日本車、あわせて約120台が展示されています。
 平成11(1999)年4月に、トヨタ博物館開館10周年を記念してオープンした新館は、日本のモータリゼーションの歴史を人の暮らしと生活文化の関連で捉え、暮らしと自動車の関わり合いについて展示されています。

本館全景 本館1階にあるトヨタ自動車初の生産型乗用車トヨダAA型
(レプリカ)
本館2階 外国車の展示フロアーの一角
本館3階 日本車展示フロアーの一角 新館全景 新館展示フロアーの一角
≪平成25(2013)年7月5日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成25年7月10日(水):第815号】