富山城址公園  場所の地図

 富山市中心部にある富山城趾には、「富山市郷土博物館」として、富山城の天守閣がそびえています。昭和29(1954)年に戦災復興事業の完了を機に開催された富山産業大博覧会のために建設されました。現在の博物館は、平成15(2003)年から2年半をかけて改修されたものです。館内は、富山城の歴史を紹介する博物館として、たいへんわかりやすいディスプレイが用意されています。
 富山城天守閣の北側には、「富山市佐藤記念美術館」があります。昭和32(1957)年に、佐藤工業鰍フ会長であった故佐藤助九郎(1896〜1979)氏が中心となって建てられた美術館です。佐藤氏は、富山市における土木・建設業としての実業家で、戦前に貴族院議員も務め、戦後も地方財界の要として活躍した人物です。氏は、茶道をたしなみ、氏が収集したコレクションや茶室が展示されています。

富山市郷土博物館=富山城 富山市佐藤記念美術館
≪平成25(2013)年6月13日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成25年6月22日(土):第797号】