安城・長福寺のアジサイ(紫陽花)  場所の地図

 本日の中日新聞西三河版に「アジサイ街角に華−安城・長福寺 名物の花守る 地元住民ら80種」という記事が載っていました。偶然にも昨日、長福寺を訪れていました。浄土宗鎮西派の寺院で、萬喜山長福寺といい、現在は無住の寺院です。記事によりますと、20年前に無住になったものの、地元の花愛好家たちが「荒れた寺を見るのはしのびない」と立ち上がり、「あじさい同好会」をつくって12年来、栽培を続けたために、梅雨の頃に咲く花は名物となり「あじさい寺」の愛称になったそうです。「あじさい祭り」が6月1日(土)から29日(土)まで、開催されており、今が見頃です。
 そんなに大きくない境内ですが、境内をぐるりと一周するように、約80種600株もあじさいが植えられており、色とりどりの淡い光彩をはなっています。境内へ行く道はとても狭く、山門まで車を回すのに苦労しました。近くのやや広い道路端にある地元民が設けた駐車場に駐車してから向かった方が賢明です。
 ここ長福寺は、【平成23年6月7日(火):第51号】で紹介した碧南市の油ヶ渕から、東へ約500mのところにあります。丁度時期もだぶりますので、油ヶ渕のハナショウブと同時に長福寺のアジサイを訪ねることをおすすめします。

長福寺山門 長福寺本堂
≪平成25(2013)年6月5日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成25年6月6日(木):第781号】