刈谷・小堤西池のカキツバタ(杜若)群落  場所の地図

 国の天然記念物に指定されている刈谷市にある小堤西池のカキツバタ群落は、5月20日前後が見頃ということでした。私の事情で、今日しか行くことができないため、意を決して行ってきました。
 地元有志の方々による保護・保全活動によって、池回りはきれいに整備されており、たいへん自然環境に恵まれた地域になっています。少し、時期が遅い感はしましたが、池の中には、まだまだ美しい、カキツバタの花を数多く見ることができました。

 池のほとりに、次の説明文がありました。
 小堤西池は、京都府・大田の沢、鳥取県・岩美町の唐川と並ぶ日本三大カキツバタ自生地の一つで、昭和13(1938)年8月には国の天然記念物に指定されました。その後刈谷市は、小堤西池の水源である東側の丘陵地についても国・県の助成を受けて買収し、昭和47(1972)年11月に追加指定を受けました。カキツバタの花は、愛知県並びに刈谷市の花に選定されています。
 小堤西池では地元有志による「小堤西池のカキツバタを守る会」が活動しており、池に茂るヨシなどの除草作業、丘陵地に生える竹などの伐採を行い、小堤西池の保護・保全に努めています。
  指定面積  :63,444.3u
  池面積   :20,330.0u
  丘陵地面積:43,114.3u
 カキツバタ(アヤメ科の多年草)
  ●花の見頃 5月中旬
  ●生育地   湿地で池の周辺部に多い

池南側にある標識 池西側中央部にある記念碑
 ≪平成25(2013)年5月28日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成25年5月28日(火):第772号】