豊根村・熊谷家住宅  場所の地図

 18世紀初頭の建築で、当時の豪農のたたずまいを伝え、昭和49(1974)年2月に国の重要文化財に指定された「熊谷家住宅」という民家が豊根村にあります。【平成23年11月4日(金):第201号】で紹介した「兎鹿嶋温泉 湯ーランドパル豊根」のすぐ東側です。現在も使われている民家で、そのどっしりしたかやぶき屋根のつくりが、その歴史の重みを感じます。民家の入り口に次の説明文があります。

熊谷家(くまがいけ)(国指定重要文化財)
 熊谷氏は、室町時代の終わりごろ豊根に来て村を開きました。そして江戸時代には庄屋となり、村をおさめました。
 家は18世紀初めに建てられたもので、300年前の庄屋のくらしが分かります。
  豊根村教育委員会・みさと教育研究会

民家全景 民家の母屋全景
≪平成25(2013)年1月22日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成25年1月28日(月):第652号】