蜆塚(しじみづか)公園  場所の地図

 昨日紹介した浜松城から西へ約2.5kmのところに、今日紹介する蜆塚公園があります。
 この公園は、今から4000年前である縄文時代後期の貝塚を保存し公開している「蜆塚遺跡」、市内浜名湖畔にあった江戸時代の農家を移築し公開している「旧高山家住宅」、浜松市の歴史・文化を展示している「浜松市博物館」からなります。浜松市博物館だけ入館料が¥300であとは無料で見学できます。<br>
 「蜆塚遺跡」は縄文時代の復元家屋が4軒、貝塚が3ヶ所あり、その中でも第1貝塚にある貝層保存施設は見応えがあります。
 「旧高山家住宅」は、江戸時代にあった農家の再現で、その時代にタイムスリップできます。
 「浜松市博物館」は、ナウマンゾウの模型から始まる原始時代から、蜆塚遺跡の詳しい解説、そして中世・近世・近現代の浜松市の歴史がわかる展示になっており、詳細に見学すれば一日はたっぷりかかります。

復元された縄文時代の家屋 第1貝塚の貝層保存施設
旧高山家住宅 浜松市博物館
≪平成24(2012)年12月7日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年12月13日(木):第606号】