蘆花恒春園  場所の地図

 東京都世田谷区に蘆花恒春園があります。京王線「芦花公園」駅から南方向へ1.5kmほどのところにあります。私は、大学時代この「芦花公園」駅の近くに下宿していたため、時々散策していました。久しぶりに訪れてみると、きれいに整備され、美しい公園になっていました。
 「蘆花恒春園」は、明治期から大正にかけて活躍した文豪、徳富蘆花(1868-1927)の旧宅が、没後、昭和12(1937)年に夫人から東京市(現:東京都)に寄贈されました。市は文豪の生活を偲ぶ記念の地として、一般に公開してきました。昭和61(1986)年邸地を当時の姿に復元・保存し永久に子孫に伝えていくために、「東京都指定史跡」に指定され現在に至っています。これが東京都内かと思わせる静かな武蔵野の地に、この公園はあります。旧邸宅、蘆花夫妻の墓地、蘆花記念館とを見学し、蘆花の功績を改めて認識しました。

蘆花旧宅を示す石標 蘆花夫妻の墓碑
蘆花がすごしていた旧宅 蘆花の功績を偲ぶことができる「蘆花記念館」
≪平成24(2012)年12月1日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年12月7日(金):第600号】