金木犀(キンモクセイ)・銀木犀(ギンモクセイ)

 庫裏西側の境内に、金木犀銀木犀が一本ずつ植わっています。近づくと芳香をただよわせています。どちらの花も花自体は可憐で小さいため、近づかなければ確認できません。金木犀・銀木犀ともども、主に庭木として観賞用に植えられ、秋になると小さい花を無数に咲かせ、芳香を放ちます。ただ単に木犀といった場合は、銀木犀をさします。金木犀はオレンジ色、銀木犀は白色の花を無数に咲かせます。においは、金木犀の方が銀木犀より強く感じます。どちらも植木として風格を感じさせます。

金木犀 金木犀の花アップ
銀木犀 銀木犀の花アップ
≪平成24(2012)年10月3日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年10月4日(木):第536号】