霧ヶ峰  車山場所の地図

 霧ヶ峰は、標高1,952mの主峰車山を中心にして噴出したアスピーテ型火山(噴火の時、ねばりけの少ない溶岩が流れ出してできた、傾斜がゆるくて、高さも低い火山のこと。楯を伏せたような形をして いるので、楯状火山ともよばれる。)で、東西10km、南北16kmの広がりを持ち、そのほとんどが草原で標高1,500mから1,700mにかけて緩やかな起伏が展開されています。この草原の雄大さとすばらしい眺望・景観は、わが国でも屈指のものです。
 私たちが訪れた時も、美しい高原から富士山や南アルプスが一望でき、そして高山植物の緑とすがすがしい空気を満喫することができました。

富士見台から見た富士山 霧ヶ峰の草原 霧ヶ峰の草原と南アルプス
車山山頂へ結ぶ車山展望リフト 車山山頂から見た白樺湖 車山山頂にある車山神社
≪平成24(2012)年8月29日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年9月22日(土):第524号】