象山神社(ぞうざんじんじゃ)  場所の地図

 長野県長野市松代町に幕末の志士である佐久間象山を祀る象山神社があります。佐久間象山は、私たちは「さくま・しょうざん」と習ってきましたが、地元では「さくま・ぞうざん」といわれています。
 象山神社には、象山に関する次の説明看板がありました。

 幕末の大先覚者である。
 松代藩士の長男として文化8(1811)年に生まれる。6歳の時から父などから学問・武術を習い、20歳で詩文・経書・武術等免許される程の秀才であった。
 23歳で江戸蘭塾に入門、渡辺崋山等と親交。3年で帰藩し、藩の子弟に経書や漢学を教える。この頃、名を修理、号を象山(ぞうざん)と改める。
 29歳で江戸お玉が池に象山書院を開き、多くの門弟を集める。
 36歳で帰藩し、地元の利用係として開発に努力、また大砲・電信機等の製作・実演をする。
 41歳、江戸木挽町に塾を開き、勝海舟・坂本龍馬・吉田松陰など維新の英才を輩出。ペリー来航国論沸騰の際、軍議役として横浜警備に当たる。開国論を唱え、横浜開港を主張する。松蔭密航事件に連座して投獄される。
 44歳から9年間松代に蟄居される。この間、多くの志士たちが面会に訪れ、時世について激論。象山の学識に感動して去る。
 54歳、元治元(1864)年幕府の命で京都へ上る。幕府の中枢に公武合体開国を説いて活躍中、7月11日三条木屋町で尊攘派の凶刃にたおれ、尊皇開国の捨石となって非業の最後を遂げる。
 その後4年にして明治維新の世を迎え、象山の尊皇開国という憂国の至情がそのまま具現されたのである。
   財団法人 佐久間象山先生顕彰会

神社本殿 佐久間象山の銅像
≪平成23(2011)年9月6日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年8月24日(金):第495号】