刈谷・密蔵院(みつぞういん)  場所の地図

 刈谷市北部の一里山町に、三河三弘法の一つである密蔵院という臨済宗永源寺派のお寺があります。正式名称は、天目山密蔵院といいます。三河三弘法とは、【平成24年2月1日(水):第290号】で紹介した知立市の遍照院と、昨日紹介した第462号の西福寺の三寺をあわせていい、いずれの寺にも弘法大師が自ら彫ったといわれる像が安置されています。一番札所遍照院は、「見返(みかえり)弘法」、二番札所西福寺の像は「見送(みおくり)弘法」、三番札所密蔵院の像は「流涕(りゅうてい)弘法」と呼ばれています。
 門前には次のような説明板がありました。

 密蔵院 平成14(2002)年3月 刈谷市教育委員会
 三河三弘法の第3番霊場。当初真言宗で現在の泉田町にあったが正徳4(1714)年2月に臨済宗に改宗され、永源寺の末寺となった。安永3(1774)年雷火にあい、焼失してしまったが、大師堂とともに再建した。大師堂には流涕大師が安置されている。

本堂全景 山門から本堂を望む
≪平成24(2012)年2月28日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年7月23日(月):第463号】