古渡(ふるわたり)城址  場所の地図

 昨日紹介した「東別院」の境内に次の説明板がありました。

 古渡城址
 織田信秀が天文3(1534)年築城したといわれる。信秀は、それまで今川から奪取した那古野(なごや)城にいたが、その子である織田信長に那古野城を譲り、ここに移った。信長は、ここで天文15(1546)年13歳で元服したと伝えられる。城は東西140m、南北100mの平城(ひらじろ)で、周囲に二重の堀を巡らしていたといわれる。天文17(1548)年、信秀が末森城に移り廃城となった。  名古屋市教育委員会

 東別院は、元禄3(1690)年に開かれていますが、当時の尾張藩主より、織田信長゙の父信秀の居城であった「古渡城」の跡地1万坪の寄進を受けて建てられました。歴史の壮大な流れを感じます。

古渡城址を示す石標
≪平成24(2012)年4月14日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年7月20日(金):第460号】