東別院  場所の地図

 名古屋市の地下鉄・名城線に「東別院」という駅があります。この駅の由来になった「東別院」は、地下鉄「東別院」駅から西方向へ約3分です。
 門前に到着すると、その広大な敷地にまず驚かされます。そして立派な山門、壮大な本堂などの伽藍を見るにつれ、その華麗さは、さすがに東本願寺だと痛感しました。名古屋市教育委員会の説明板には次の記述がありました。

 東別院
 真宗大谷派名古屋別院。名古屋御坊(ごぼう)、東本願寺別院、東本願寺掛所(かけしょ)などとも称する。
 元禄3(1690)年、東本願寺一如(いちにょ)上人によって開創。諸堂は名古屋の宮大工伊藤家の手により元禄15(1702)年に完成した。本堂は壮大な規模と精緻な建築美を誇ったが、昭和20(1945)年の戦災で焼失した。現在の本堂は昭和37(1962)年の再建である。  名古屋市教育委員会

壮大な山門 本堂全景
≪平成24(2012)年4月14日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年7月19日(木):第459号】