川中島の戦い  八幡原史跡公園場所の地図

 武田信玄と上杉謙信が戦った有名な川中島の戦いは、天文22(1553)年から永禄7(1564)年までの5回にわたり戦われています。その間、最大の激戦となった第四次の戦いが千曲川と犀川が合流する三角状の平坦地である川中島を中心に行われたことから、その他の場所で行われた戦いも総称として川中島の戦いと呼ばれています。
 長野市の南部にある八幡原(はちまんばら)史跡公園には、その武田信玄と上杉謙信が直接刃をかわした地といわれています。その記念碑が公園にあり、次の解説文がありました。

八幡原本陣再現

 ここ八幡原史跡公園は、永禄4(1561)年の第4次川中島の戦いで、武田信玄の本陣がおかれた場所とされています。信玄は、別働隊を、上杉謙信が籠る妻女山(さいじょさん)に向かわせ、別働隊に背後を突かせて追われてくる上杉軍を挟み撃ちにするため、この八幡原に本陣を敷いて待ち構えていました。後世、啄木鳥(きつつき)戦法と呼ばれるこの作戦は、大河ドラマ「風林火山」の主人公・山本勘助の発案とされています。しかし、信玄の動きを見抜いた謙信は、夜陰に紛れていち早く妻女山を下ったため、9月10日朝、信玄の本隊は別働隊の到着を待たずに上杉軍との戦端を開きます。激戦のさなか、謙信が信玄の本陣に攻め込み、信玄に向かって三太刀斬りつけ、信玄は床机(しょうぎ)にすわったまま軍配でそれを受けたとされる「信玄・謙信一騎打ち」の伝説もこの戦いで生まれました。

≪平成23(2011)年6月28日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年7月2日(月):第442号】