道風記念館  場所の地図

 春日井市は書の町といわれています。というのも書聖「小野道風」の出身地が春日井市だからです。その出身地である春日井市松河戸には、全国でもめずらしい書に関するだけの博物館「道風記念館」があります。館内は幻想的で趣のある展示です。一度は見る価値があると思います。書に関する企画展も定期的に行われています。入館料は、一般が¥100ととても値打ちです。この記念館の入り口には、次の説明文がありました。

 道風記念館  春日井市
 小野道風公は当地に誕生し日本三跡の一人としてたたえられた書聖である。
 道風公は父がこの松河戸の地に滞留中に里人の女(むすめ)をめとって生まれた子である。公は幼少時代をここで過ごし十歳ころ父と共に京へ上り刻苦勉励し後に書で身を立てた。
 唐様から和様へと日本の書の魁(さきがけ)を成した道風の精神と業績をたたえるとともに今後あまねく書道文化の発展に資すことを願って記念館を建てる。
  昭和56年11月1日 

記念館の正面 記念館前に建つ小野道風の記念碑と銅像
≪平成24(2012)年3月13日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年6月15日(金):第425号】