西山トンネル  場所の地図

 昭和43(1968)年に廃線となった豊橋鉄道田口線の跡地は、多くが道路として利用されています。すでに【平成24年2月19日(日):第308号】で紹介した稲目トンネルもその一部でした。釣月寺の東側約800mの所に、【平成24年1月17日(火):第275号】で紹介した三河大石から、田口線の旧三河海老駅があった地点近くまで、南北に走る道路があります。この道路も田口線の線路跡を再利用した道路です。この道路の途中に2ヶ所のトンネルがあります。西山1号トンネル(58m)と西山2号トンネル(22m)です。この西山1号トンネルの北側入口は、真っ直ぐに切り立った岩肌と斜めの切り口が印象的なため、旧田口線のシンボルとして、よく写真で紹介されています。当時田口線が走っている頃は、釣月寺からよく見ることができましたが、現在では杉の木が大きくしげり見ることができません。

西山1号トンネル南側入口 西山1号トンネル北側入口。
真っ直ぐに切り立った岩肌と斜めの切り口。
西山2号トンネル南側入口 西山2号トンネル北側入口
≪平成24(2012)年3月22日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年3月28日(水):第346号】