平洲記念館  場所の地図

 東海市出身で、江戸時代の儒学者である細井平洲に館する東海市立平洲記念館が、東海市の北部である荒尾町にあります。細井平洲に関する多くの資料が展示されています。入館料は無料です。細井平洲は、藩政改革で有名な米沢藩主・上杉鷹山(ようざん)の師として活躍し、晩年には、尾張藩に仕え、藩校・明倫堂の初代督学となった人物です。細井平洲の経歴はHPを参照して下さい。東海市は、平洲先生の業績をたたえ、昭和22(1947)に近隣の小学校を「平洲小学校」と改名、昭和49(1974)年に「平洲記念館」を開館、昭和59(1984)年に近くに新設された中学校の名前を「平洲中学校」と名付け、後世までその名を残すようにしました。
 また、館内の1室は、郷土資料館になっており、知多式製塩土器をはじめとする東海市の考古資料や民具等を展示しています。

「平洲記念館」全景 記念館前にある細井平洲の座像
≪平成24(2012)年3月9日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年3月19日(月):第337号】