哲学たいけん村 無我苑  場所の地図

 【平成23年6月7日(火):第51号】で紹介した油ヶ淵から、約700mの「哲学の小径」を経て、「哲学たいけん村 無我苑」に来ます。この施設は、碧南市が、日本全国に向けて「無我愛」を主唱し、この地に居を構えていた宗教思想家伊藤証信翁のご遺族から土地等を寄付していただき建設されました。名誉村長としては、哲学者で有名な梅原猛氏をむかえ、約4,500uという広大な敷地には、研修道場、茶室、展示ギャラリーなど多くの施設を持っています。椅子に座って、日本庭園を眺めながら気軽に抹茶を楽しむことができる立礼茶席という施設もあります。
 丁度、書家であり昔から懇意にしている中根海童氏の書展が、展示ギャラリーである瞑想回廊にて開催されていましたので行ってきました。中根氏独特の作風である淡墨を使った少字作品を十分堪能しました。
展示ギャラリー「瞑想回廊」全景 立礼茶席と研修道場を臨む
「中根海童」書展のポスター 中根海童書展の一角
≪平成24(2012)年2月21日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年2月22日(水):第311号】