田峯城  場所の地図

 昨日紹介した田峯観音から南東方向へ約1kmの所に、田峯城があります。

 その案内文には、次のようにありました。
 田峯城は、県下有数の高山である段戸連峰を間近に控え、寒狭川の渓流をはるかに見下ろす標高387mの独立丘陵にある山城です。本丸から見下ろした寒狭川の蛇行と城をいただく山並が、まさに大蛇のようであることから田峯城は別称「蛇頭城(じゃずがじょう)」「竜の城」とも呼ばれていました。
 田峯城は文明2(1470)年菅沼定信によって築かれ、定信→定忠→定広→定継→定忠と、代々田峯宗家菅沼氏の居城とされました。
 当時は下克上の時代、今川氏をはじめ武田氏、織田氏、徳川氏などの強大な戦国大名が台頭するなか、この奥三河では、作手の奥平氏、長篠の菅沼氏、そして田峯の菅沼氏三氏が「山家三方衆」として結束していました。しかしその団結も時によっては崩れ、姻戚関係でありながらも骨肉相食む戦いを繰り広げることになります。五代目城主定忠は武田方に従い、家老城所道寿とともに長篠合戦に出陣しますが、武田方大敗の報を受けた留守居の将・叔父定直と家老今泉道善らの謀反にあい、田峯城に入城できずに武田勝頼とともに信州に敗走することを余儀なくされます。復讐を誓った定忠は、翌天正4(1576)年7月14日田峯城に夜襲をかけ、謀反の一族老若男女96名を惨殺、主謀格の今泉道善を鋸引きの刑に処しました。定忠は天正10(1582)年飯田知久平にて討たれ、その後田峯宗家菅沼氏は断絶しました。
 ※この田峯城は、他の中世城郭についての調査を基に復元しました。

復元された田峯城 山すそから田峯城を臨む
≪平成24(2012)年1月3日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成24年1月5日(木):第263号】