浄瑠璃姫(じょうるりひめ)と義経  場所の地図

 鳳来寺山表参道の入口を少し登った地点に、門谷総合開発委員会が「歴史が歩いた坂道」修景事業として平成8(1996)年3月に整備された作品の一つである、鈴木武右衛門(すずきたけえもん)氏(経歴)作の彫像「浄瑠璃姫と義経」があります。
 この彫像の説明文には、次のようにあります。

 浄瑠璃姫と義経
 平家が都で全盛を誇っていたころ、岡崎の近くの矢作の里に、兼高長者(かねたかちょうじゃ)という金持ちの権力者が住んでいました。長者には、鳳来寺のお薬師様に祈願して生まれた、浄瑠璃姫という美しい一人娘がありました。
 姫が15歳の春、平家の目を逃れ、藤原氏を頼って奥州へ向かう義経が、源氏とつながりのある兼高長者の家に泊まりました。姫と義経は愛し合うようになりましたが、義経はいつまでもいることはできません。
 「半年たったら、鳳来寺の千寿峰(せんじゅがみね)で私を待て」と言った義経の言葉を信じて、姫は乳母とともに千寿峰に来て、麓の笹谷(ささだに)に庵をつくって住みました。ある日、義経が通るといううわさを聞き、往来まで出て道行く人にたずねると、もう義経は通り過ぎてしまったということでした。悲しんだ姫は庵のほとりで自害してはかない一生を終えました。
 今も千寿峰の西の山の中に、浄瑠璃姫をまつる祠があります。

≪平成23(2011)年12月9日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成23年12月24日(土):第251号】