小牧城(小牧市歴史館)【愛知の130山】  場所の地図

 東名高速道路の小牧IC近くを走ると、小牧城の雄姿を常に見ることができます。この小牧城の実態はどうなっているのか行ってみました。有料駐車場と思われた駐車場は、2時間までは無料でした。駐車場から小牧山の登山道を約15分ほど登ると、小牧城に到着します。小牧城は、小牧市歴史館という看板がかかっており、博物館になっていました。大人¥100、小人¥30で入館することができ、入館料の安さにはびっくりです。館内は、小牧市の歴史や小牧長久手の戦いの様子などが展示されており、歴史好きにはもってこいの博物館です。
 城外の説明看板には、次の説明がありました。

 国指定史跡 小牧山と歴史館のご案内  小牧市
小牧山
 標高85.9m 面積約21万u(約六万三千五百坪)
 小牧山は、本市のほぼ中央、市街地の西側にあって、濃尾平野に孤立する小さな山で、昭和2(1927)年一般に公開、この年国より史跡の指定を受け、その後徳川家から小牧町(当時)へ寄付されました。この山は古くから桜の名所として親しまれ、今日では4月上旬に「小牧山さくらまつり」が催され、たくさんの見物客でにぎわいます。
 歴史館(小牧城)は昭和43(1968)年、平松茂(故人)が資財を投じて建設し、小牧市に寄付されたもので、鉄筋コンクリート3層4階建て、高さ19.3m、秀吉が京都聚楽第に建てた飛雲閣(現西本願寺内)をモデルにして名古屋工業大学城戸久教授(故人)の設計によって建てられました。館内は市指定文化財の銅鐸、銅鏡をはじめ考古・民族・歴史資料や小牧・長久手合戦のパノラマなどが展示されて小牧市の歴史を知ることができます。
 永禄6(1563)年、織田信長が美濃(岐阜)に進出する大志のもとに、地の利を得たこの山に目を付け、清須(洲)城から移ると共に山全体を要塞にするため、山頂から麓まで五段の塁濠をつくり、山頂に屋敷、南側に大手(表)道、北側に搦手(裏)道をつくりました。中腹には馬場をつくったり、井戸を掘ったり、また要所に重臣の邸宅を置きました。当時は、北側は池沼で自然の要害であったため工事は省かれましたが、南側は原野であったため大工事であって、あちこちに堀をつくりましたが、それらは今なお山中にみられます。その後、信長は美濃に攻め入って岐阜稲葉城に移り住んだので、この山は自然廃城となりました。そして、小牧・長久手の戦で再び歴史の舞台に登場してきます。
天正小牧山合戦
 天正10(1582)年の本能寺の変の後、信長の後継者問題で二男信雄(のぶかつ)と秀吉が対立、秀吉は信雄を懐柔しようとしますが、これに応じずかえって反逆したため北伊勢の居城を攻撃します。信雄は驚き、家康に援助を求めたところ、信長に恩のある家康はこれを引き受け、自ら大軍を率いて清須(洲)城に入り、地の利第一の小牧山に軍を進めました。一方秀吉は大坂(阪)城を出て犬山に入り、市内の岩崎山を中心にこの付近各地に巾広く砦を築いて、小牧山の家康・信雄軍と対峙しました。この時の両軍の兵力は十万余と言われます。しかし、戦いは小ぜり合いを繰り返し、長く膠着状態が続きました。秀吉は、部下池田信輝の再三の進言によって、家康の居城である岡崎城を攻撃すれば一挙に解決するものと考え、軍の一部を密かに移動させますが家康軍に気付かれ、家康自ら秀吉軍を急進撃します。これが長久手を舞台に繰り広げられた長久手の戦いで、家康軍の完勝となりました。

≪平成23(2011)年11月1日撮影≫

            釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成23年12月22日(木):第249号】