十二支像(道標)  スタート地点場所の地図

 鳳来寺山表参道入口から階段入口にかけて、十二支像が建っています。十二支像のいわれが、像のスタート時点にあります。
 表参道からはじまり、1,425段の階段がある鳳来寺山の参道には、この十二支像をはじめとする各種石碑がいくつも建っており、鳳来寺山を登下山する私たちを楽しませてくれています。

 十二支像(道標)のご案内  昭和60(1985)年11月17日  鳳来寺山表参道発展会
 鳳来寺、東照宮と因縁の深い十二支を、ここより、1,425段の御坂段の始まる、1,200m間ある表参道の道筋に、100mごとの案内道標と共に石彫像を建立しました。
 子から始まり亥で終る十二支が、人、それぞれの生まれ年にめぐり会える散策し楽しいひと時であれば幸いと思います。
 この事業は、鳳来町30年記念と、村おこし事業推進の意義ある年に、愛知県地方振興事業補助金と鳳来町地域活性化事業補助金を仰ぎ、又各種団体と門谷区民の協賛を頂いて完成したものです。
     

≪平成23(2011)年12月9日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成23年12月13日(火):第240号】