別所温泉・安楽寺  場所の地図

 別所温泉にある安楽寺をお参りしました。曹洞宗の古刹で、別所温泉に趣を与えています。ここ別所温泉が信州の鎌倉といわれて納得します。
 境内は広く、国宝「八角三重塔」は、たいへんみごたえがあります。


曹洞宗崇福山安楽寺
 安楽寺は天長年間(824〜834)に開かれたと伝えられる寺で、鎌倉時代中期には鎌倉北条氏の外護により禅寺として栄え、多くの学僧を育てていた。しかし北条氏滅亡(1333)後は、寺運も傾いて正確な資料も残らないが、国宝・重要文化財等数多くの文化遺産を蔵して、信州最古の禅寺のおもかげを残している。 
  国宝 八角三重塔
 この塔は一見、四重塔に見えるが、昭和27(1952)年長野県最初の国宝として指定された折り、初重の屋根はひさしに相当する「裳階(もこし)」であるという見解で、裳階付き八角三重塔として認定された。
 建立年代については詳らかではないが、鎌倉時代末期(1277〜1333)以外には考えられないというのが定説になっている。塔は本来、仏舎利(釈迦の遺骨)を奉安したものだが、中世以後は特定の人物や戦死者の供養のために建てられた例が多く、恐らくこの塔も北条氏の供養塔として建てられたものと考えられる。
 建築様式は当時、中国栄代の先進技術であった唐様(禅宗様)を用い、扇垂木(おうぎたるき)・弓形連子(ゆみがたれんじ)・詰組(つめぐみ)など、和様の塔とは違った重厚な佇まいを見せている。八角塔は奈良・京都などに記録として残されているが、それらが失われた今日、我が国に残された唯一の八角塔であり、禅宗寺院に残る塔としても極めて貴重な遺構である。  
≪平成23(2011)年11月29日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成23年11月29日(火):第226号】