百間滝  場所の地図

 昨日紹介した大島ダムから南へ2km程行った所に、「百間滝」があります。既に新城市内の滝として、【平成23年7月2日(土):第76号】で「鳴沢の滝」、【平成23年9月15日(木):第151号】で「阿寺の七滝」を紹介しています。
 滝の入口から狭い急な斜面の遊歩道を10分ほど下った所に、この「百間滝」はあります。林に囲まれた遊歩道から、急に視界が開けて滝があらわれるため、感動的な眺めになります。百間ほどの長い滝であるということから名付けられたようですが、八名郡(このあたりの昔の郡名)誌では67間(約120m)となっています。しかし、途中で曲がっているため、そこから滝つぼまでの落差は約43mであることから、郡誌の記述の高さは全長のことと考えられます。

≪平成23(2011)年10月5日撮影≫

 第182号の「宇連ダム」、第183号の「乳岩」、第184号の「大島ダム」、この号185号の「百間滝」そして第151号の「阿寺の七滝」と回れば、1日でゆっくりと周遊できます。逆方向も可です。その後、第123号の「うめの湯」または、第127号の「ゆーゆーありーな」で、温泉に入り、体の疲れを癒すという手もあります。

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成23年10月19日(水):第185号】