矢勝川堤彼岸花  場所の地図

 昨日の【平成23年10月5日(水):第171号】で紹介した、新美南吉記念館の北側を矢勝川(やかちがわ)が流れています。南吉は、その川の堤をよく散策したといわれ、童話「ごんぎつね」において、兵十がウナギを捕っていた川として登場します。この川の東西2kmには、秋になると200万本を超す彼岸花が咲き誇ります。
 今年は、暑かったため、開花が遅くなり、10月を過ぎても、彼岸花が満開です。堤一面に彼岸花が咲いている様子は壮観です。     

≪平成23(2011)年10月5日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成23年10月6日(木):第172号】