鳴沢の滝  場所の地図

 新城市の北側、旧作手村にある落差15mの迫力ある滝です。釣月寺から、北西方向へ約10km、車で約20分ほどです。国道420号線を少し入った県道に滝への入口があり、入口を少し降りたところに、広い駐車場と「鳴沢苑」という施設があり、食事、バーベキューや鱒つかみができます。
 駐車場から歩くこと5分ほどで滝壺にでます。近くまでいくと、ゴーという滝の音に圧倒されます。夏場は絶好のクールポイントではないでしょうか。一見の価値はあると思います。
 ハプニングです。私が鳴沢の滝へ向かって歩いていたとき、テレビ取材の一団に会いました。なんとそこにはテレビでよく見かける「ウド鈴木」さんがいるではないですか。多分、旅番組「ウドちゃんの旅してゴメン」の撮影があったのではと思われます。私が滝の写真をとり、駐車場に戻ると、まだ一団は残っていました。帰りぎわで、やっとのことウドちゃんの後ろ姿を撮影することができました。一団は、旧作手村役場の方向へ向かわれました。この撮影は、いつオンエアされるのでしょうか?

         愛知高原国定公園
     名勝 鳴沢の滝
  昭和32(1957)年6月 新城市天然記念物指定

 鳴沢の滝は、段戸山を水源とする当貝津川にかかる段差15mの幽谷景勝な滝で、東海地方でも最大級である。
 一帯は花崗岩地帯で、長い年月の間に浸食し、美しい幽谷を形成している。
 滝の周囲は原生林を思わせる樹木が鬱蒼と生い茂り、滝の響きと見事に調和して四季折々の趣がある。
新城市による「鳴沢の滝」の説明文より ウドちゃんの後ろ姿
ゴーと音をたてて流れ落ちる鳴沢の滝
≪平成23(2011)年6月27日撮影≫

釣月寺和尚の一日一題 話題提供 【平成23年7月2日(土):第76号】