TOP
 
花の写真はFree、について 自己紹介 達成感がハッピーな通信教育 ”通”のショッピング JGS日本園芸協会
淡路
淡いピンクの八重咲きでふくよかなやさしい感じがする

ウメの花いろいろ

 武蔵野はまだ寒いのに「春なのだ」と納得させてしまうのがこのウメの開花。春一番の花といえばロウバイなど他にもあるけれど、春はやっぱりウメからはじまる。

 神代植物公園が近いので毎年この頃になるとカメラをぶら下げて通っているが、今年は2台のデジカメ(FinePixS2とCoolPix5000)で花のコレクションをしてきた。

 梅園はどうして甘酒なのだろう。緋毛氈の縁台に腰を下ろして、春の日差しのなかで熱い甘酒をフーフーしながらお花見。

紅千鳥
紅花のウメの代表格の名花

故郷の錦(こきょうのにしき)

蓮久(れんきゅう)

白加賀
梅干や梅酒を作るのに利用される白花のウメの代表選手
花のかおりは春の香りだ。
花の形も日本画にも描かれる典型的な「ウメでござる」の5弁花。

白灘波(しろなんば)
花つきがよく花の形も丸型で立派
木も大きくなり、神代植物公園には立派な木が複数本あって咲いている

白灘波の花一輪、白加賀の花と違いますね

玉牡丹(たまぼたん)

月の桂(つきのかつら)
なんとなく緑色がかっている。これでもミドリバナというのかも知れない。
名前の由来も若しかすると花色からきたのかなと思ってしまった。

メールはこちら

TOPページに戻る]